経済情勢がよくないために求人の数が少なくて困っている人

就職活動に力を入れているのに、経済情勢がよくないために求人の数が少なくて困っている人がいます。多くの企業は、経済情勢が不透明な状況にあっては雇用する人数をできるだけ増やさずに、今いる社員で仕事をしようとします。しかし、求人情報が全くないということではありません。求人情報自体は、新聞の求人欄や、求人サイト、ハローワークで目にします。確かに景気はよくありませんが、探すところさえ間違えなければ、求人情報自体はあります。転職を希望しているけれど、求人の量がとても少ないので、チャンスを待っているという人もいるでしょう。今は転職に役立つスキルや技術を磨くことに力を入れて、転職市場が好転した時に備えておきたいというのも考えの一つです。現在の職場の悩みが解決できないために、納得のいく条件でなくていいから、別な会社に就職したいというのは問題のある考え方です。たまたま見つけたからと応募して採用されたという会社が、現在よりも確実に環境が好転すると限った話はありません。仕事の取り回し方、社内の人の名前と顔、自分の持ち場などは、今の仕事ならばできるでしょう。転職をすれば、毎日顔を合わせる人も変わりますし、求められる仕事も変わります。考えなければいけないことも増えるでしょう。仕事を変える時には、本当にその決断でいいのかよく考えることです。求人にしっかり目を通して、自分にとって益になるところに就職しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ