子育てと仕事のどちらもするのは苦労を伴います

子育てと仕事のどちらもするのは、苦労を伴います。かつては専業主婦が多かったですが、今では仕事と子育てを両立している人が増えています。子育てをしながら仕事を続けるために、すべきことは果たして何があるのでしょう。

親と子供だけという核家族が増えている中、仕事と子育てのやりくりはとても難しくなっています。とくに大変なのが赤ちゃんや幼児、小学校低学年の児童のいる家庭です。

保育園や小学校に行っていると病気が流行ってかかかることもあります。仕事をしながらも、子供が具合を悪くしてしまった時は子供のほうにも行かなければなりません。

ある程度子供が大きくなって、小学校4年生くらいになれば学校を休むことも少なくなりますが、その代わりクラブ活動や習い事に、親も参加したり、送り迎えなどが必要です。

休日は予定がたくさん入ることになるかもしれませんが、仕事と子育ての両立自体はやりやすくなってきます。仕事と子育てが難しい時期のピークは、子供がまだ小さい時です。

自分一人で何か何までやってしまおうと思わないことが重要になります。家族全員で協力し合い、分担できることはやってもらいましょう。各自治体にもファミリーサポートセンターなど子育てを助けてくれる機関がありますので、相談するのもひとつの方法です。

仕事と子育てを上手に両立させるためにも決して無理をせず周りの人に助けてもらいながら乗り切っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ