しわがふえる原因の一つ

しわがふえる原因の一つに、筋肉が衰えることがあります。表情筋として使われることが少ないために、しわがはっきり見えるようになる部分とは、目もとのしわ、口もとのしわ、ほうれい線です。

筋肉の動きが活発なためにしわができる部分もあります。顔面には、表情をつくるための表情筋が張り巡らされています。

この表情筋の筋力が低下することで、皮膚がたるみやすくなり、しわができます。

肌のたるみが進むと最終的に、しわの原因になるわけです。顔の表情筋が老化してしまうと、実際には肌はどうなってしまうのでしょうか。

ほっぺたが、骨格と表情筋によってふくらみ気味に見えた場合でも、表情筋が皮膚を支えていられなくなると、肌自体の重みで下方向に下がっていきます。

ほうれい線は、頬など顔全体の皮膚がたるむようになるにつれて目につき出します。

たるみが大きくなればなるほど、皮膚自体の重みで目の下の皮膚も下方向に引っ張られ、目の下にしわがふえます。

目の下の皮膚が下に引かれると、目の周囲の皮膚も一緒に下に引かれることになるため、目もとにちりめんしわなど細かなしわができます。

顔の筋肉の老化が原因のしわの場合、ひとつができると、時間を置いて他の場所にもできる可能性が多いわけです。

しわの原因はいろいろとありますが、自分のお肌の状態を普段からよく見て原因に適した肌のケアをする事が大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ