教育ローンという商品が存在

学費の支払いがたいへんな家庭を助けるためのローンとして、教育ローンという商品が存在します。日本で教育を受けようとすると、義務教育以外の場面では入学金および授業料などでかなりの学費がかかってきます。

学費のための教育ローンは、住宅ローンや自動車ローンと同じように、預金取扱金融機関と信販会社(ノンバンク)を中心として取り扱いがされている商品です。金融機関の他にも、会社の福利厚生の一つとして、健康保険組合などから学費を借り入れる形で運営される教育ローンもあります。

教育ローンは、金銭消費貸借契約書という書類を作り、借入金額、金利、期間、返済方法などを記入した上で借りることになるのが基本です。学費のために教育ローンを借りる場合、契約書では借りた人が自分の口座を指定して、そこに融資金が入る体裁を取ります。

実際の所は最終的に学費が納入される学校などの銀行口座に直接お金が振り込まれる形が殆どです。教育ローンの他、住宅ローン、自動車ローン、果ては消費者金融まで、現在日本ではいろいろなローン商品が展開されています。

個人の消費生活を見る場合、子供を教育するために必要な金額は他のものに優先されると見なされます。このため、教育ローンは自動車ローンなどの消費財購入用のローンよりも金利が低くなることが多いのです。

教育ローンを貸し出す金融機関ごとに、金利はいろいろです。教育ローンを利用して学費をまかなおうと考えているのであれば、いくつかの候補を当たった上で最も利用しやすいと思うものを利用するようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ